司法試験・予備試験 予備校を比較|人気7校【2021年最新版】

司法試験・予備試験の予備校講座を比較

ほり

司法試験・予備試験の予備校ってどこが良いの?

 

勉強時間や学習スタイルによって、向いている予備校は違ってくるよ。

しかく

 

ほり

仕事が忙しいから通信講座が良いんだけど。

でも、大手予備校じゃなくても合格できるの?

 

実績を出している通信講座は複数あるし、講座の質やサポート体制も予備校との差はほとんどないね。

心配なら、大手予備校の通信コースを選ぶという手もあるよ。

しかく

 

司法試験・予備試験は、合格率3~4%の難関資格で、独学で合格するには、5,000時間~8,000時間かかります。

そのため、1~2年という短期間での合格を目指すなら、予備校を利用して効率的に学習するのが一般的です。

 

予備校選びでは、「自分に合うかどうか」が重要になります。

カリキュラムや講師、講義などが自分に合った予備校を選ぶことが、合格への最短ルートです。

仕事や学業が忙しく予備校に通う時間がなくても、通信講座や予備校の通信コースで学習できます。

 

この記事では、司法試験予備試験の人気予備校・通信講座7校を比較します。

 

予備校比較は、司法試験・予備試験の予備校8校比較も詳しいです。

 

司法試験・予備試験の基礎知識
学習期間 2年~
(1年~)
学習時間 5,000~8,000時間
(3,000時間~)
試験日程 ・短答式:  5月
・論文式:  7月
・口述式:10月
合格率 3.4~4.1%
(2014~2018年)
MEMO

(カッコ内)は予備校や通信講座を利用した場合。

 

司法試験・予備試験の予備校・通信講座7校

司法試験・予備試験の予備校7校

この記事で比較するのは、人気の予備校4校と通信講座3校の合計7校です。

  • LEC
  • 伊藤塾
  • Wセミナー
  • アガルート
  • 資格スクエア
  • スタディング
  • 辰已法律研究所

 

LEC、伊藤塾、Wセミナー、辰已法律研究所は予備校、アガルート、資格スクエア、スタディングはオンライン予備校(通信講座)です。

予備校と通信講座に分けて特徴を見ていきます。

しかく

 

最初は、司法試験・予備試験講座がある予備校4校です。

司法試験・予備試験の予備校
予備校名 伊藤塾 ロゴ LEC東京リーガルマインド ロゴ Wセミナー ロゴ 辰已法律研究所 ロゴ
運営会社 株式会社法学館 株式会社
東京リーガルマインド
TAC株式会社 株式会社
辰已法律研究所
実 績 2019年度試験
最終合格者376名
(全体476名)
1993~2018年の合格者数
5,134名
非公表 非公表
価 格
(税 込)
1,148,000円~ 1,102,870円~ 469,000円~ 835,300円~
受講形式 通学・Web 通学・Web 通学・Web 通学・Web
マルチデバイス 対応 対応 対応 対応
公式サイト 伊藤塾 LEC Wセミナー 辰已法律研究所
口コミ・評判 伊藤塾の口コミ・評判 LECの口コミ・評判 Wセミナーの口コミ・評判 辰已法律研究所の口コミ・評判
MEMO

Wセミナーの通学はビデオブースのみ(ライブなし)。

 

ほり

聞いたことある予備校ばかりだね。

合格実績は、やっぱり伊藤塾がダントツなんだ。

 

実績は伊藤塾だね。

でも、他の予備校も初学者向けの講座が充実しているよ。

しかく

 

次に、オンライン予備校(通信講座)3校です。

司法試験・予備試験の予備校
予備校名 アガルート ロゴ 資格スクエア ロゴ スタディング ロゴ
運営会社 株式会社アガルート 株式会社サイトビジット KIYOラーニング株式会社
実 績 2019年度予備試験
最終合格率17.7%
2019年度司法試験
合格者占有率34.8%
(523名/1,502名)
2019年度予備試験
合格者数147名
合計200名以上
非公表
価 格
(税 込)
932,800円~
(652,960円~)
547,800円~ 90,750円~
受講形式 Web Web Web
マルチデバイス 対応 対応 対応
公式サイト アガルート 資格スクエア スタディング
口コミ・評判 アガルートの口コミ・評判 資格スクエアの口コミ・評判 スタディングの口コミ・評判
MEMO

赤字は割引価格です。

アガルートの講座は、常に30%くらいの大幅な割引を実施しているので、割引価格を表示しています。

 

ほり

アガルートと資格スクエアの実績がすごいね!

それに、3校とも価格が大手予備校とはけた違いに安い。

 

通信講座でも十分合格を狙えるってことが分かるよね。

価格は予備校の半額くらいだし、学習コストを抑えたい人向きだよ。

しかく

 

各講座の特徴を、もう少し詳しく見ていきます。

 

司法試験・予備試験の予備校①:アガルート

アガルート ロゴ

アガルートは、元LECの工藤北斗先生が2015年に立ち上げたオンライン予備校です。

 

  • 最短ルートで合格できるカリキュラム
  • 合格率17.7%(全国平均の4.4倍)
  • 充実した答練・添削指導
  • 手厚いサポート体制

 

アガルートの特徴は、何といっても初学者が最短ルート(1年)で合格できるカリキュラムです。

2019年度の予備試験で合格率17.7%を叩き出しており、講座の質の高さが分かります。

基礎講義が300時間とコンパクトなのに対し、論文式対策の講座や答練・添削が充実しているのも特徴です。

 

月1のカウンセリングやFacebookグループを利用した質問サービスなどのサポート体制も定評があります。

マネージメントオプションを利用すると、講師による進捗管理や週1の個別指導など、大手予備校より手厚いサポートを受けられます。

 

看板講師の工藤先生の分かりやすい講義や自作テキストは、口コミでも評判です。

アウトプット講義や答練・添削も、論文式対策で有名な辰已法律研究所と比較されるレベルになっています。

しかく

 

\公式サイトをチェック/

アガルート

 

司法試験・予備試験の予備校②:伊藤塾

伊藤塾 ロゴ

伊藤塾は、司法試験業界のカリスマ伊藤真先生が塾長を務める大手予備校です。

 

  • 業界屈指の合格者数(476人中376人)
  • 網羅的に学べる長大なカリキュラム
  • 講師層の厚さと受講生の多さ
  • バイブルレベルのテキスト

 

「司法試験と言えば伊藤塾」と言う人がいるくらい圧倒的な合格実績を誇るのが伊藤塾です。

合格実績を支えるのが、約900時間にも及ぶ長大なカリキュラムと、バイブルにする受験生も多い分厚いテキスト。

学習の網羅性という点で、伊藤塾に及ぶ予備校は他にありません。

 

講師数も予備試験講座で最多、受講生も毎年最も多くなっています。

通信コースの質は高いとは言えませんが、通学コースは予備試験合格に最も近い講座です。

 

合格者の大半が通学コースの受講生です。

1~2年みっちり通学できる時間があるなら、有力な選択肢ですね。

しかく

\公式サイトをチェック/

伊藤塾

 

司法試験・予備試験の予備校③:資格スクエア

資格スクエア ロゴ

資格スクエアは、鬼頭政人先生が2013年に立ち上げたオンライン予備校です。

 

  • 効率に特化した「逆算思考」のカリキュラム
  • Web上で学習が完結するeラーニング
  • AIによる予想問題「未来問」
  • リーズナブルな価格設定

 

学習の効率性を重視したカリキュラムと、それを可能にする優秀なeラーニングが大きな特徴です。

学習の順序や各科目にかける時間を可視化した教材があり、それに従うだけで効率的に学習できます。

動画講義の視聴から問題演習、学習の進捗管理まで全てWeb上で完結するので、いつでもどこでも学習できます。

 

最上位プランでも100万円以下なので、学習コストを抑えたい人向きです。

また、業界が注目するAIによる予想問題「未来問」も、高いカテゴリ的中率が話題になっています。

 

講座の質は高いのですが、他社が出版する書籍を不正に利用していた問題が発覚し、現在は難しい状況に立たされています。

新年度の講座は評判だった看板講師も入れ替わる予定で、こちらも不安要素です。

しかく

\公式サイトをチェック/

資格スクエア

 

司法試験・予備試験の予備校④:スタディング

スタディング ロゴ

スタディングは、2008年に通勤講座としてスタートした社会人向けのオンライン学習サービスです。

 

  • 業界No.1の低価格
  • 2年間利用できるコース設定
  • スマホで学習が完結するeラーニング
  • スキマ時間の学習に最適化された講義や教材

 

他の予備校とは次元が違う低価格が、スタディング最大の特徴です。

大手予備校とはケタが違う安さで、通信講座と比べても安くなっています。

 

また、スマホ一つで学習できるeラーニングシステムの質の高さも評判です。

学習の全てがスマホで完結するので、テキストや問題集を持ち歩く必要がありません。

スライド+講師の説明スタイルで10~30分程度の短い講義は、スキマ時間の学習に最適です。

 

社会人をターゲットにした講座だけあって、学習時間が確保しにくい人向きです。

アウトプットが手薄ですが、他の講座で補てんしても、他の予備校のコースを利用するより安くすみます。

しかく

 

\公式サイトをチェック/

スタディング

 

司法試験・予備試験の予備校⑤:LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド ロゴ

LEC東京リーガルマインドは、全国各地に校舎を構える日本最大級の予備校です。

 

  • 大手予備校のノウハウと実績
  • 自分に合う講師の講座を選択可能
  • Zoomによる双方向講義など新たな試み
  • 単品講座が多く、組み合わせのバリエーションが豊富

 

全国展開する予備校ならではの、蓄積されたノウハウと実績が詰め込まれたカリキュラムが大きな特徴です。

看板講師が相次いで起業・流出していますが、現在も実力派の講師が多数在籍しています。

 

通学・通信ともに、複数の看板講師の講座を選択できるので、自分に合った講師の講座を受講できます。

単品講座が豊富なので、中上級者が必要な講座だけを組み合わせて受講しやすいのも魅力です。

また、Zoomを利用した双方向講義を開始するなど、新しい試みも注目されています。

 

自分に合った講師や講座を選べるのは嬉しいですね。

通信コースの質の低さは伊藤塾と同じく課題ですが、Zoomやスマホ専用講座など新たな試みも増えています。

しかく

 

\公式サイトをチェック/

LEC東京リーガルマインド

 

司法試験・予備試験の予備校⑥:Wセミナー(TAC)

Wセミナー ロゴ

Wセミナーは、大手予備校のTACが運営している予備校です。

 

  • リーズナブルな価格設定
  • コンパクトなカリキュラム
  • 追加料金なしで個別指導あり
  • 学習時期やレベルで講座を選択可能

 

大手予備校としてはリーズナブルな価格設定と、短めのカリキュラムが特徴です。

伊藤塾と比較すると価格は半額程度と安く、講義時間の長さも短く設定されています。

そのため、大手予備校の安心感とノウハウを低価格で得たい人向けです。

 

また、学習期間2年のハイブリットシリーズと1年の超速逐条コースがあり、レベルによって講座を選択できます。

月1回の個別指導を追加料金なしで受講できるのも、Wセミナーならではのメリットです。

 

価格の割にサービスが充実しており、大手予備校のなかではコスパが良い講座です。

通学と通信を併用できたり、全国の自習室を利用できたりするので、通学できる人にも向いています。

しかく

 

\公式サイトをチェック/

Wセミナー

 

司法試験・予備試験の予備校⑦:辰已法律研究所

辰已法律研究所 ロゴ

辰已法律研究所は、法律系資格の講座に特化した老舗の予備校です。

  • 独学者にも人気のテキスト
  • カリスマ講師による質の高い講義
  • 科目別の単品講座(基礎講座)が充実
  • 他講座の受講生も利用する評判の論文式対策

 

辰已法律研究所と言えば、論文式対策の質の高さが大きな特徴です。

カリスマ講師の原孝至先生による講義や答練・添削は、受講生から高い評価を得ています。

基礎講座は別の予備校を利用し、論文式対策は辰已を利用する受験生も少なくありません。

 

辰已のテキストは独学者にも利用者が多く、伊藤塾のテキストと比較されるレベルです。

単品講座が充実しており、必要な講座だけを選んで受講したい人に向いています。

 

初学者向けのコースはありますが、どちらかと言えば中上級者向けの予備校です。

あと、近年、校舎の閉校や縮小が相次いでいるのが気になります。

しかく

\公式サイトをチェック/

辰已法律研究所

 

【社会人に人気】予備試験の通信講座
働きながら、勉強しやすい講座です

司法試験・予備試験の予備校7校を比較

司法試験・予備試験の予備校を比較

予備校7校を8つの基準で比較します。

価格 価格の安さ
実績 過去の合格実績
講師 講師数や人気講師
教材 テキストや問題集
講義 形式・時間・視聴しやすさ
オンライン 学習サポート機能など
サポート 受講生サポート
自由度 学習のしやすさ

 

ほり

こんなに比較ポイントがあるんだ。

 

予備試験は人生を左右する大きな試験で、講座選びは合否を決める選択だからね。

8つの項目は全てチェックした方が良いけど、自分なりに「重みづけ」するのはOKだよ。

しかく

 

司法試験・予備試験の予備校 比較①:価格

司法試験・予備試験の予備校の価格

予備校 価格 分割払い
LEC 1,102,870円~
・回数:1~36回
・条件:税抜2万円~
・支払い:月5,000円~
参照:LEC
伊藤塾 1,148,000円~
・回数:1~60回
・条件:税抜3万円~
・支払い:月5,000円~
参照:伊藤塾
Wセミナー 469,000円~
・回数:1~36回
・条件:税抜3万円~
・支払い:月5,000円~
参照:TAC
辰已法律研究所 835,300円~
・回数:1~60回
・条件:税抜3万円~
・支払い:月3,000円~
※参照:辰已法律研究所
アガルート 932,800円~
(652,960円~)

・回数:1~60回
・条件:税抜10万円~
・支払い:月5,000円~
参照:アガルート
資格スクエア 547,800円~
・回数:1~24回
・条件:要問い合わせ
・支払い:要問い合わせ
参照:資格スクエア
スタディング 90,750円~
・回数:1~36回
・条件:税抜4万円~
・支払い:月3,000円~
参照:スタディング
MEMO

分割払いの手数料率は、利用するローンによって異なります。

 

ランキング
  1. スタディング
  2. Wセミナー
  3. 資格スクエア

 

価格が最も安いのはスタディングです。

基礎講義と短答式対策が付いた予備試験合格コース(基礎)が90,750円、論文式対策まで付いた合格コース(総合)も142,780円で利用できます。

大手予備校と比べると1/5から1/10、通信講座と比較しても圧倒的な安さです。

 

第2位は、Wセミナーのハイブリッド予備合格ベーシックコース(469,000円)です。

第3位には、資格スクエアの独学コース(547,800円)が続きます。

 

コスパも意識しよう

第1位∼第3位の講座は、いずれも各予備校の最安値プランで、答練講座や添削の対策が手薄です。

Wセミナーの場合、初学者が合格を目指すならハイブリッド予備合格フルパック(649,000円)が妥当でしょう。

資格スクエアも、答練・添削を利用するなら逆算プラン(877,800円)を申し込む必要があります。

 

ほり

あれ、合格を狙えるプランはけっこう高いんだね…

 

割安感はだいぶ薄れるよね。

しかく

 

初学者が一から学習して合格力が身につく講座が安いのは、アガルートです。

基礎講座から充実した論文式対策、答練・添削まで揃った1年合格カリキュラムが652,960円で利用できます。

定価は932,800円ですが、2021年6月末まで30%offなのでお得です。

 

価格は講座選びの重要なポイントですが、安さだけを見て、合格に必要な中身がない講座を選ぶのは良くありません。

合格を目指すなら、価格だけでなくコスパを意識することが重要です。

しかく

 

司法試験・予備試験の予備校 比較②:実績

司法試験・予備試験の予備校の実績

実績 内容
LEC 1993年~2018年の累計合格者数5,134名
伊藤塾 2019年の最終合格者476名中376名が伊藤塾の受講生
Wセミナー 非公表
辰已法律研究所 非公表
アガルート ・2019年予備試験の合格率:17.7%
(全国平均4.04%の4.4倍)
・2019年司法試験の合格者占有率:34.8%
(523名/1,502名)
資格スクエア ・2019年の合格者数:147名
・累計合格者数:200名超
スタディング 非公表
(公式サイトに「合格者の声」掲載あり)

 

ランキング
  1. 伊藤塾
  2. アガルート
  3. 資格スクエア

 

合格実績が最も高いのは、伊藤塾です。

伊藤塾 合格実績

伊藤塾 合格実績

2019年度試験では、最終合格者476人中376人が伊藤塾の受講生という驚きの結果を残しています。

2020年度試験も、短答式試験の合格者の半数以上が伊藤塾生です。

 

通信講座で高い合格実績を出しているのが、アガルートです。

アガルート 合格実績

2019年度試験では、受講生の最終合格率17.7%という結果を出しています。

全国平均の4.4倍という驚くべき結果です。

また、司法試験でも高い合格者占有率を残しています。

アガルート 合格実績

 

資格スクエアは、2019年度試験の合格者数が147人、累計合格者数は200名を突破したと公表しています。

資格スクエア 合格実績

資格スクエア 合格実績

 

やはり伊藤塾が一番ですが、アガルートと資格スクエアも着実に実績を伸ばしています。

しかく

 

司法試験・予備試験の予備校 比較③:講師

司法試験・予備試験の予備校の講師

講師 人気講師 講師数
LEC 武山 茂樹
赤木 真也
田中 正人
9名
伊藤塾 伊藤真
呉明植
16名
Wセミナー 御堂地雅人 2名
辰已法律研究所 原孝至 8名
アガルート 工藤北斗 11名
資格スクエア 高野泰衡
吉野勲
3名
スタディング 小村仁俊 2名

 

ランキング
  1. 伊藤塾
  2. アガルート
  3. LEC

 

講師層の厚さも人気講師の多さも、伊藤塾が頭一つ抜きんでています。

司法試験を志す人のカリスマ伊藤真先生や、看板講師の呉明植先生など人気の講師が勢ぞろい。

初学者向けコースは、伊藤先生を含む7名の講師が講義を担当するという豪華さです。

 

看板講師である呉先生の一貫指導が受けられる「呉コース」も人気です。

しかく

 

通信講座で講師力が高いのはアガルートです。

伊藤塾に次ぐ11名の講師が、講義やサポートを担当しています。

看板講師の工藤北斗先生が担当するメイン講義は、「重要ポイントを厳選していて無駄がない」と好評です。

 

LECは人気講師の流出が相次いでいますが、田中正人先生や武山茂樹先生といった若手講師が台頭しています。

田中先生が始めたZoom講義や、柴田先生のスマホ学習コース「S式入門講座」など通信専用の講座も人気です。

また、通学・通信コースのいずれも人気講師の専属コースがあり、自分に合う講師の一貫指導を受けられます。

 

人気講師の数と講師層の厚さは伊藤塾がダントツですが、アガルートも注目ですね。

LECは講師によって講座の特徴が違うので、自分に合う講師がいれば有力な選択肢になります。

しかく

 

司法試験・予備試験の予備校 比較④:教材

司法試験・予備試験の予備校の教材

教材 テキスト 問題集
LEC オリジナル
2色刷り
製本
製本
伊藤塾 オリジナル
2色刷り
製本
製本
Wセミナー 公式
2色刷り
製本
製本/Web
辰已法律研究所 オリジナル
2色刷り
製本
製本
アガルート オリジナル
(講師自作)
フルカラー
製本/Web
製本
資格スクエア 公式
フルカラー
製本/Web
製本/Web
スタディング オリジナル
フルカラー
Web
Web

 

ランキング
  1. アガルート
  2. 辰已法律研究所
  3. 伊藤塾

 

アガルートは、講義担当の講師がテキストを自作するのが原則です。

予備試験講座では、看板講師の工藤先生が、講義の流れに沿って作ったフルカラーテキストが提供されます。

非常にシンプルですが、受講生自身が講義を視聴しながら書き込んでインプットすることを狙っているからです。

 

辰已法律事務所は、予備試験テキストを多数出版しており、独学者を中心に愛用されています。

趣旨・規範ハンドブックや肢別本は特に有名で、他講座の受講生にも購入されるレベルです。

講座のテキストや問題集は、市販の書籍を講義に合うよう修正してありますが、質の高さは変わりありません。

 

伊藤塾のテキストは、バイブルにする人も多い人気ぶりです。

講座と同じく情報が網羅的に書いてあるので、弁護士になった後も残しておく人が後を絶ちません。

一方で、「分厚すぎる」とか「重要ポイントが分かりにくい」といった指摘があります。

 

アガルートのテキストは、講義を視聴して書き込むことで、自分だけのオリジナルテキストができあがります。

情報量では伊藤塾のテキストに及びませんが、重要情報を書き込んでインプットしやすいのがメリットです。

しかく

 

司法試験・予備試験の予備校 比較⑤:講義

司法試験・予備試験の予備校の講義

講義 通信コースの講義 形式 1講義の時間
LEC 録画 書画カメラで資料表示
講師の説明
60~180分
伊藤塾 録画 黒板に板書
講師の説明
180分
Wセミナー オリジナル 黒板に板書
講師の説明
180分
辰已法律研究所 録画 ホワイトボードに板書
講師の説明
180分
アガルート オリジナル Webテキスト表示
講師の説明
10~20分
(1チャプター)
資格スクエア オリジナル オンラインレジュメ表示
ホワイトボードに板書
講師の説明
約30分
スタディング オリジナル スライド
講師の説明
約25分
MEMO

Wセミナーにはライブ講義はなく、通学(ビデオブース)、Web通信、DVD用のオリジナル動画。

録画とは、通学コースの受講生向け講義の録画です。

 

ランキング
  1. 伊藤塾
  2. アガルート
  3. スタディング

 

伊藤塾の初学者向けコースを担当するのは伊藤先生や本田先生など7名で、いずれも分かりやすい説明に定評があります。

また、一貫指導の「呉コース」を担当する呉先生も、呉本と呼ばれるテキストを用いた講義の分かりやすさが評判です。

ただし、1講義が180分と長いのと、通信コースの講義(通学コース向け講義の録画)の画質・音質が悪いのが気になります。

 

アガルートの講義は、テキストと講義が密接に関連しているので、効率的に知識をインプットできます。

講義画面にはテキストが表示されるので、テキストを持ち歩く必要もありません。

1チャプターが10~20分と短いので、忙しい人でもスキマ時間で学習しやすいのも魅力です。

 

スタディングの講義は、スライドを見ながら講師の説明を聞くスタイルです。

難しい論点は図表やイラストで説明されるので、初学者でも見て理解できます。

講義時間も1つ25分と短く、通勤中や家事育児の合間でも無理なく勉強できるのが特徴です。

 

講義の分かりやすさでは、実力派の講師を揃えている伊藤塾が優秀です。

インプットのしやすさではアガルート、スキマ時間の活用ではスタディングの講座が優れています。

しかく

 

口コミ評判

口コミ評判 良い口コミ 良くない口コミ
LEC ・好きな講師の一貫指導を受けられる
・講師の説明が簡潔で分かりやすい
・1つの講義が長い
伊藤塾 ・人気講師の講義が聴けるだけで感動
・法律初学者でもスッと頭に入る
・通信コースの画質と音質が悪い
Wセミナー ・どの講義も痒い所に手が届く内容
・講師が初学者の悩み所を心得ている
・講義が長すぎて集中力がもたない
辰已法律研究所 ・論文式講座の充実度がけた違い
・原先生の講義はつい聞き入る
・基礎講座は初学者には難しい
アガルート ・工藤先生の無駄のない説明が秀逸
・テキストと講義の連動性が高い
・声を聞き取りにくいことがある
資格スクエア ・高野先生の講義が分かりやすい
・講義中に質問できる仕組みが良い
・論文の講座は初学者には難しい
スタディング ・スライド見るだけで情報が頭に入る
・スキマ時間の視聴に最適
・情報量が少ない気がして不安

 

ほり

どの予備校も、良い口コミと良くない口コミがあるんだね。

 

万人受けする予備校はないからね。

口コミ評判はあくまで個人の意見だから、参考程度に見ておくと良いよ。

しかく

 

司法試験・予備試験の予備校 比較⑥:オンラインシステム

司法試験・予備試験の予備校のオンライン

オンライン 学習サポート機能
LEC

・教えてメイト
・進捗率
・カレンダー
・カウントダウン

伊藤塾

・短答式過去問題演習
・基礎力確認演習
・重要判例学習

Wセミナー 短答必修アプリ
辰已法律研究所
アガルート ・Webテキスト
資格スクエア

・オンラインレジュメ
・マイレジュメ
・条文リンク
・進捗管理
・問題演習
・質問機能
・単語帳

スタディング ・Web問題集
・学習フロー
・学習レポート
・Webテキスト
・マイノート
・検索機能
・暗記ツール
・問題横断復習機能
・勉強仲間機能

 

ランキング
  1. スタディング
  2. 資格スクエア
  3. LEC

 

スタディングの学習サポート機能は、予備試験講座でトップレベルです。

講義視聴はもちろん、学習の順序や進捗管理、問題演習、Webテキストや復習など多彩な機能が搭載されています。

しかも、スマホ一つで全ての機能が利用できるので、忙しい人にはピッタリです。

 

資格スクエアのeラーニングも、スタディングに並ぶレベルです。

条文リンクや講義中の質問など、スタディングにない機能も搭載されています。

ただし、スマホ利用では操作性や視聴性がやや落ちるのがネックです。

 

伊藤塾やLECにも学習サポート機能はありますが、スタディングや資格スクエアには遠く及びません。

また、他の予備校には学習サポート機能がありません。

 

資格スクエアは、学習サポート機能が優秀ですが、音声ダウンロードが55,000円と高額です。

オンライン説明会参加の特典で安くなりますが、他の予備校が無料なので気になります。

しかく

 

司法試験・予備試験の予備校 比較⑦:サポート体制

司法試験・予備試験の予備校のサポート体制

サポート 質問サポート カウンセリングなど
LEC 教えてチューター
(システム)
伊藤塾 マイページ質問制度 学習スケジューリング
カウンセリング
Wセミナー Eメール 個別答案指導
個別学習カウンセリング
※月1回30分、いずれかを選択
辰已法律研究所 Eメール
アガルート Facebookグループ 月1のカウンセリング
(各30分)
【マネージメントオプション】
週1の個別指導
(各1時間)
資格スクエア 質問フォーム 月1のフォローアップ
(各15分)
【逆算プランプレミアム】
合格者に電話質問
(月2回、各15分)
スタディング

 

ランキング
  1. アガルート
  2. 伊藤塾
  3. 資格スクエア

 

アガルートは、Facebookグループで回数制限なく質問でき、必ず講師が回答してくれます。

他の受講生の質問や回答も見られるのも良いところです。

また、マネージメントオプションを利用すると、講師による週1の個別指導、進捗管理、答案指導という予備校以上のサポートが受けられます。

 

伊藤塾の予備試験講座は、通学コースのサポート体制が手厚いです。

カウンセリングや学習スケジューリングが充実しており、臨時で講師と話したりスタッフに相談したりできます。

一方の通信コースは、Zoomや電話でカウンセリングを受けられますが、アガルートほどの手厚さはありません。

 

資格スクエアも、サポート体制に力を入れています。

月1回のフォローアップでは、専門コンサルタントが学習相談や進捗管理に応じてくれます。

逆算プランプレミアムに申し込むと、月2回、合格者に質問することが可能です。

 

アガルートのマネージメントオプションを利用したときのサポートレベルは、大手予備校以上です。

オプション利用者の合格率が高いことからも、合格に役立つことが分かります。

しかく

 

司法試験・予備試験の予備校 比較⑧:学習の自由度

司法試験・予備試験の予備校の自由度

教材 スキマ時間 学習場所 音声ダウンロード
LEC 自宅/予備校
伊藤塾 自宅/予備校
Wセミナー 自宅/予備校
辰已法律研究所 自宅/予備校
アガルート 自宅/屋外
資格スクエア 自宅/屋外
(有料)
スタディング 自宅/屋外

 

ランキング
  1. スタディング
  2. 資格スクエア
  3. アガルート

 

いつでもどこでも学習できるのが、スタディングの予備試験講座です。

スマホだけで学習が完結し、音声ダウンロードも無料で利用できるので、自宅以外でも快適に学習できます。

1講義あたりの時間が短く、スキマ時間の学習にも最適です。

 

資格スクエアの講座も1つの講義が短く、空き時間の視聴に向いています。

ただし、パソコンでは視聴性がやや落ちるので、パソコン視聴が基本になるはずです。

また、音声ダウンロードが有料なので使いにくいのもネックです。

 

アガルートには、スタディングや資格スクエアのような優秀なeラーニングシステムはありません。

しかし、1チャプターが10~20分と短く、スキマ時間の学習には向いています。

また、音声ダウンロードが無料なので、自宅以外でも講義を聴くことが可能です。

 

eラーニングが優秀なスタディングと資格スクエアは自由度が高めですね。

アガルートも、チャプターの短さを考えるとスキマ時間の学習向きではあります。

しかく

 

司法試験・予備試験 予備校7校の比較のまとめ

司法試験・予備試験の予備校を比較のまとめ

司法試験・予備試験の予備校7校を比較しました。

この記事で紹介しているのは、いずれも合格者を輩出している「合格を目指せる予備校」ですが、向き不向きがあります。

新興の通信講座でも、カリキュラムや講義スタイル、講師などがあなたに合っていれば、合格することは十分可能です。

 

2020年時点で初学者が合格しやすい講座は、伊藤塾とアガルートの2校です。

 

専業の受験生のように1~2年は十分な勉強時間が確保できるなら、伊藤塾の通学コースが向いています。

合格に必要な知識を網羅的に学習できるのが魅力です。

また、合格後に法曹として働くときに役立つ知識まで得られるので、合格の先を見据えた勉強をしたい人にもおすすめできます。

 

\公式サイトをチェック/

伊藤塾

 

一方で、社会人や学生で学習時間が限られているなら、最短ルートで合格を目指せるアガルートがおすすめです。

講義とテキストの質は伊藤塾に引けを取らないレベルで、通信講座のサポート体制も充実しています。

スキマ時間で学習できますし、通学する必要もないので、予備校に通うよりも少ない時間で合格を目指せます。

 

\公式サイトをチェック/

アガルート

 

まずは、あなたの生活スタイルや学習にかけられる時間を確認し、合いそうな講座をチェックしてみてください。